手仕事の日々-tsurezure-

趣味で手作りアクセサリーと焼き物をつくっています。 作品と製作にまつわる日々のエピソードを綴ります。

  • 05 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薪窯行ってきました

週末は、群馬の山奥にある薪窯へ行ってきました。
私の通っている陶芸教室では、年に1度のGWに、ここの薪窯で備前焼きと信楽焼きを薪で焼き上げるイベントがあります。普段は電気釜で1週間で焼きあがる器ですが、人力での薪炊きとなると、煙や灰、火の方向で様々な顔を出し、思い通りにならない難しさとそれゆえの醍醐味があるとか。

普通の教室ではなかなか味わえない事と、本格的な焼き場をいち早く作れるという興奮から、本当はGW中の釜炊き中に訪問する予定だったのが、突然の体調不良でおじゃんに。
ということで、今回は焼きあがって冷めた器を釜から出す、「釜出し」同行の一泊旅に行ってきました。
同行者は、先生、教室仲間のTさん、Oさん、Kさん、Iちゃん。
ちなみにIちゃんは20代の女の子だけど、他は全員「アラ還」のナイスミドル様という渋いご一行でした。

宿泊場は、群馬の草津と、北軽井沢と、万座の近くの別荘地(実はよく位置が解っていない)。
とあるコネで宿泊代はフリー!職無しの立場には嬉しい限り。下のような場所なのですが、本当に静かで清々とするいい所でした。東京ではあまり見かけられない日本タンポポ(最近西洋タンポポに駆遂されている)が沢山咲いていて、時折ウグイスが鳴いて。そもそも別荘に泊まること自体が初のKAYOKO、興奮しまくり。
釜だし①

しかし宿に着いたのは実は深夜でした…。(上の写真は翌日に撮ったもの)
あまりの興奮に「夕飯にはトマト鍋を作りますよ!」と言ってしまったものの…正直深夜のクッキングは相当後悔の連続でしたが、そこそこ満足してもらえたようでひと安心。
皆様、鍋と刺身と話題をつまに、のどごし生と下町のナポレオンでかなりの酔狂&盛り上がりのご様子。
アラサーだろうがアラ還だろうが、酔った男性が多数集うと会話の内容はさほど変わりませんね~
最若手Iちゃん、若干引いてなかったかなあ
釜だし②

翌日、いよいよ目的の釜場へ向かう。宿からは更に車で20分ほど。途中、先生お勧めの浅間山ビューポイントで写真。キレイでしょう!!
釜だし③

そして、これが薪窯の小屋です。…でも観光気分はもはや此処まで。まず、釜の中のお皿をだすスペース確保のため、手前の薪を小屋の中に運ぶ作業からスタートしました。
この日からは、先生の陶芸お仲間さんが埼玉から更に6名加わって、11名という大所帯に。
気温もじりじりと上がる中、ひたすら全員で薪を運ぶこと1時間半ほど…。
普段の運動不足がたたってか、若手層の癖に一番早く疲れるKAYOKO
釜だし④

ようやく薪を片付けたら、いよいよ釜のご開帳です!熱で固まるセメントで固めたレンガを丁寧に割って、入り口を開いたら、中にはぎっしりと焼きあがった器が並んでいました。釜の中はまるでトルコの地下都市のような、神秘的な世界でした。
釜だし⑤

釜だし⑥

で、それをどんどんと空けたスペースに並べて行くわけです。
此処が運命の分かれ道なんだなーと思いました。信楽焼きは特に難しくて、特徴の火色や石粒の窯変が出なかったり、全体的に火が回らず、素焼きの如く白っぽく焼きあがってしまったり、逆になぜか反応が起こりすぎてぼこぼこの鮫肌のように焼きあがったり。最悪火の勢いで倒れて、割れてしまう事も。
どうしても思ったとおりにコントロール出来ない芸術。
だからこそ、ひとつと同じものが出来上がらない面白さもある。
まるで人間の人生みたい。
釜だし⑦

私の作品は幸いなことに、割れもせず、焼き上がり不足も無く、備前も信楽も美しく出来上がりました。
特に備前。無謀にも事前に先生に借りた陶芸雑誌を見て、「こういうのが欲しいんです」と超・高難易度の牡丹餅(作品の上に何かを置くことで、其処だけ焼き色が変わる技術)が入った有名作家さんの作品を見せていた私なのですが、釜入れの時に考慮してくださって、上に他の方のぐい飲みを三つ置いてくださって。
狙い通りの丸が三つ、黒い器に浮かび上がりました
もう完全にビギナーズラックというか、サービスラックですね。

信楽片口鉢↓
備前

備前大ラッキー長形鉢↓
備前②

今回はたまたまうまくいったけれど、次はどうなるか解らない…
でも、そういう面白さがあるから陶芸は嵌るのかなあ、と実感できる旅でした。
沢山のお仲間さんと知り合えたのもまた楽しき事で。
アクセサリー作りとはまた全然に違う側面を持っていますが、どちらもやっぱり捨てられない大切な趣味ですね。
今後もバランスよく継続できて、いつかこの二つが融合できる日が来るといいなと強く感じました。

そして、初心者の私をここまで本格的な場に引っ張ってくださった、皆様方に感謝しつつ。
明日からは、また少しオーダーを受けているアクセ作りをがんばります。


ランキングに参加しています。日々の小さな積み重ねですが、製作の大きな励みになります。よかったらクリックお願いしますね
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へにほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドアクセサリーへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 今日作ったものへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 今日作ったものへにほんブログ村 ハンドメイドブログ 今日作ったものへ
スポンサーサイト

■ コメント

素敵なお皿が出来ましたね。

群馬に来ているというので、どこかと思ったら。
万座高原のあたりですね。
すごーい!陶芸をやったのですね。しかも本格的な焼き竃で!
出来上がった作品も素敵!
KAYOKOさんのアクセサリーに合いそうな器ですね。
(食事皿だったらごめんなさい:)

大勢で集まるのは、それだけで楽しくなりますよね。

本日も応援完了です。
m(_ _"m)ペコリ

別荘の緑がとっても気持ち良さそう♪木漏れ日っていいよね(^^)v
KAYOKOの陶芸作品もとってもステキ!!きっと頑張ってるKAYOKOに神様からのプレゼントだよ☆
釜の中・・とっても神秘的ね。パワースポットみたい(*^_^*)

コメントありがとうございます!

★nonnnokoさん
そうなんですよ~。たぶん、万座高原のあたり?です。
本当に本格的な薪窯で、びっくり仰天でした。
備前焼のほうは、それこそアクセを飾ってディスプレイしたいな~とも考えてます♪
それにしても、群馬の山あいのあたりは、本当にさわやかないい所が多いですね!
(ちなみに行く途中、話題の八ッ場ダムをみちゃいました。)

★あっちゃん先生
今日も応援ありがとうございます。
皆様お年を感じさせないノリノリぶりで、まるで大学生の集いみたいでしたよ(笑)

★りゅうのすけ
そうなのー。別荘も、釜も、とっても気持ちの良いところだった!
普段緑に飢えてるから、もうずーっとずーっと滞在したかったよ~。
家族のBBQなんかにもいい場所だよ。そちらからも近いし、夏の万座高原、オススメ。
そして、陶芸作品お褒め頂いてありがとう!釜の中の良い場所においてくださったみたい。
釜は、火が消えて10日たっているのにまだほんわか温かくて、ほんと不思議な場所でした!

本日も日付が変わりましたので全て応援させていただきました。



m(_ _"m)ペコリ

応援

★あっちゃん先生
今日もありがとうございます。
午前中はいろいろあってちょっとPC見れませんでした。
こちらも応援行きますね~。

こんばんは。
窯焚き、おつかれさまでした。
すごくいい作品ですね。
もし、他にも作品があれば、みせていただければ嬉しいです。
ぼくは趣味で陶芸をやっていますが、やはり1年に1回、窯焚きがあり、
ちょうど盆に終わったところです。
作品は、まずまずでした。
プロの監修を受けながらの窯焚きなんで、ある程度うまく焼けて当然なんですが。
また、画像をのせるので品評していただければありがたいです。

■ コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

http://soilhandmade.blog6.fc2.com/tb.php/44-8085f6cb

 | HOME | 

■ プロフィール

KAYOKO

Author:KAYOKO
多摩川のほとりでゆったり暮らし。
最近ハンドクラフトに目覚め、
すこしずつ作品をつくりためようと
検討中。

■ 最新記事

■ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ リンク

■ 訪問カウンター

■ ブロとも申請フォーム

■ RSSリンクの表示

■ QRコード

QR

■ 検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。