手仕事の日々-tsurezure-

趣味で手作りアクセサリーと焼き物をつくっています。 作品と製作にまつわる日々のエピソードを綴ります。

  • 03 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真のない記事

本当にご無沙汰になってしまっています。
トップページを訪れたら、広告ページが記事の上に来ていました。
「1か月以上更新の無いブログ」に限っての措置だということ。
ああ、そんなに更新していなかったんだな…、と今更知りました。

この1カ月は本当に激動の1か月だったと感じています。
前回の記事からこちら、いまだに部屋が思うように片付かず。。。デジカメの位置が定まっていない。
引っ張り出したカメラの場所がまたわからなくなって、今日はそのため写真がありません。
テレビの台がいまだ無い。リビング用にあつらえたフローリングカーペットも敷けていない。
夫の仕事が忙しい。夫のちょっとした嘘が発覚し、おそらく結婚後初めてになるくらい、もめた。
アルバイト先の雇用関係で色々。バイトから社員を目指して、もう一度勉強しようかと少々思い悩み。
そんな中彼の祖母が急逝して山口へ。その後、色々な理由でしばし京都へ滞在。
でも、そんな自分の中のあれこれや不満を一気に吹き飛ばすような出来事がありました。

地震が日本を襲いました。

天変地異に触れて一番に感じた事。
私にはまず、家族と、大切な人の身の安全が一番でした。
普段飽きるほど気にしていたそれ以外の諸々は、最終的には全て失ってもいいことなのだと気づきました。
その後、心ばかりの募金などもしてみたり。でも、なんという小ささ。
被災をし、大切な何かを失った人々に対して、自身が出来ることは余りに小さい。
なのに、4階となってしまったわが住まいにて、皮肉にも日々余震のたびにおびえる自分。こんな事くらい、今現在寒さに震える人々に比べればなんてことないのに…。
飲み水や食べ物の事も、気になってしまう。風評による影響が大きいって、言い聞かせているのに…。
原発や被災地で自分以外の人のために戦っている人がたくさんいるというのに、そんな大それた事ではなくても、出来ることにいち早く取り組んで前を向く人も大勢いるのに、私はそういうたぐいの人に比べても、本当に本当に…情けない。

自分自身のちっぽけさを感じます。
でも、この未曽有の悲劇を少しでも良い風に考えるとしたら、これは与えられたひとつの機会だと。
感じても足りないくらい、十分にちっぽけだということ。だからこそ何かの犠牲や、誰かの働きの上で生かされているということ。
『夢』も『希望』も『不満』も、その前提の上に成り立っている事であって、人間の前提は簡単に覆る。小さな人間に与えられた唯一の方法は、そのような日々をより前向きに生きるしかないということ。
それを知る為の。

昨日アルバイト先の帰り道、「4月になったら、またアクセサリーを作ろうかな」とふっと思いました。
引越し以後、そして地震以後、初めて心から思えた。
とりあえず私はそれを、大切にすべきかもしれないと感じました。
もちろん今ここにいられることと、このペースで生きられる事に感謝して。
きっと時間が経つことで、癒える気持ちや湧きあがる気力もある。
厳しい被災地の方々に対しても、同じ心の変化を…心より祈ります。

改めて、3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震により、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。
被災された皆様へ心よりお見舞い申し上げるとともに、一日も早い復興をお祈り申し上げます。
もう少し状況が落ち着いたら、もっと自分の体で直接的に出来ることに向けて、具体的に考えてみたいです。
スポンサーサイト

■ コメント

お帰りなさい。色々とお疲れさまでした。メールありがとうございました。いつまでも、泣いてる訳にはいかなし、自分に出来る事をやっていくしかないですね。じゅんみさんから、丸七のお誘いがあり、一応、それに向けてやってます。kayokoさん、参加しますか?時間もないし、今、こんな状況ですが、やれることをコツコツやっていこうかと思います。今度ゆっくり会って、お話がしたいですね。

前へ・・・

お帰りなさい(^^)本当にいろいろありましたね・・・
いろいろあると人間って『本当に大事なもの』を選別し対処する力があるのだと思い知らされました。そう、人間って強いんです。
震災に対しては、まず被害がなかった&少なかった地域のものが支援の手を差し伸べる事。そして、節電に心掛けつつも普段の生活に戻す事。が必要なのかな?と考え始めました。立ち止まっていては、してあげたくてもしてあげられなくなるので・・・。
ガンバロー日本!ガンバローわたし!(・0・)/

むらななさん、nonnnokoさんへ

お二人とも、温かいコメントありがとうございます。

★むらななさん
そうですね、自分に出来ることをやっていくしか。
出来ることが何なのか、考えながら動いているところです。
丸七、やってみようかな。作品はあまり、出来てないけど…。
また携帯にでもメールさせてください。

★nonnnokoさんへ
本当ですね。
体と命があれば、いくらでも動くことができるし、工夫して生きていく事が出来る。
そしてまた頑張ることが出来るんですよね。
同じ日本人同士、みんなで工夫して出来ることを探しながら、復興の道筋を歩んでいければ…と思います。
皮肉ですが、地震を通して今一度日本人の団結力というか、底力を感じられた気がしてます。
私も頑張らなくちゃ。

お疲れ様です。
何だかお忙しかったようですね。
地震が起きた事によって気付かされた事は、ものすごく大きなものだと思います。
そういうものを大切に、前向きに生きていかなきゃならないですよね。
自分はこれしか出来ないとは思わずに、出来る事をちょっとずつでも続けていく事が良いような気がします。
辛い事ばかりじゃなくて、きちんと楽しむ事もしないと疲れてしまうし!
お互い頑張りましょうね。
私もそうやって気持ちを奮い立たせないと落ち込んでしまうので、無理にでも明るくやっていきます。

けんがさんへ

お返しコメントが遅くなってしまってごめんなさい。
そうですね、皮肉なことながら、今回の地震と原発騒ぎで気づけた事はたくさんあるな…と感じています。
少しずつ、出来ることに取り組んでいくのみですよね。
これから先に起こることは予想もつかない今のところだけれど、とりあえず前を向いて、お互いなんとか頑張っていきたいですね。

■ コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

http://soilhandmade.blog6.fc2.com/tb.php/104-cd3a4858

 | HOME | 

■ プロフィール

KAYOKO

Author:KAYOKO
多摩川のほとりでゆったり暮らし。
最近ハンドクラフトに目覚め、
すこしずつ作品をつくりためようと
検討中。

■ 最新記事

■ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ リンク

■ 訪問カウンター

■ ブロとも申請フォーム

■ RSSリンクの表示

■ QRコード

QR

■ 検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。